2焦点眼内レンズ (IOL)

2焦点眼内レンズは、遠くを見るための焦点と、近くを見るための焦点という、2つの焦点に光りを分配します。

このレンズによって、近くと遠くを見るように矯正されますが、中距離を見ることが難しくなります。コンピューター作業、料理、鍵をかけるなど、日常的に重要な作業を行うとき、中距離を見ることは頻繁にあります。

このタイプのレンズでは、中距離に光がほとんど分配されません。そのため、物が腕の長さにある場合 (中距離)、物が見えにくくなります。

このように、コンピューター作業など、特定の作業をする際に眼鏡が必要な場合があります。このレンズで近く (32~39cm)を見る場合でも、視力は光によって異なります。必要な場合、読書に使用されるデスクライトを使用することをお勧めします。