手術日

レンズを挿入する外科手術は、通院で行われます。短時間で痛みのない手術です。手術の前に、患者用の手術衣に着替えます。

手術では、眼科医または医師から処方された洗眼液 (点眼液)で瞳孔を開く必要があります。眼を消毒し、局所麻酔がかけられて、手術が行われます。手術は10~15分ほどで終わります。手術終了後は、眼に眼帯を着用します。少し休んだ後に、帰宅することができます。運転して帰ることはできませんので、手術の日は付添者に来てもらいましょう。

手術の次の日に、眼の検査を行います。眼科医から、手術後の処置に関する説明があります。

麻酔の種類

通常は、目薬などによる局所麻酔が行われます。緩和な鎮静薬などを併用する場合があります。通常の麻酔が行われる場合もあります (お子様や、神経質な方、特定疾患がある方などに推奨)。

外科手術

外科手術では、濁った (白内障)水晶体またはクリアな水晶体を、以下の手順により透明な人工レンズに交換します。

  • まぶたを固定し、眼を開いたままにします。
  • 手術器具を使用して水晶体を切開します。現在の微小切開技術(1.5~2.8mm)により、傷は自然に治癒します。
  • 眼を保護するためのゼリー状の液体を注入します。
  • 切開を実施:プローブを使用するために、特別な器具で前水晶体囊内で丸く切開します。水晶体の中心部が微粉化されます。手動またはレーザーにより切開されます。
  • 超音波によるレンズ断片化および抽出 (水晶体超音波乳化吸引術)
  • カプセルバッグ内で眼内レンズを挿入します。

術後の結果

手術後1日目から視力が回復します。全体的な回復には数週間かかります。

人工レンズが挿入された後に、屈折距離があまり矯正されない場合もあります。そのような場合、後でレーザー矯正 (レーシック手術)が必要になります。

手術後、患者は夜間に光がまぶしく見えたり、対向車のヘッドライトがまぶしく見えることがあります。これらの不便さは、脳神経適応の症状であるため、術後数カ月たつと改善されます。

手術の成功率

この手術は、世界で最も一般的に行われている手術であるため、95%という高い成功率を誇っています。しかし、何かの障害が発生した場合、合併症の発生を完全に防ぐことはできません。白内障手術の最も深刻な合併症は、眼内感染症です。このタイプの合併症は、2,500ケースに1件の割合で起こります。1,000分の4の割合で、手術中に網膜剥離を発症する場合もあります。この場合、追加の手術が必要になります。

患者の3分の1は、術後数カ月または数年でレンズカプセルが再び濁る場合があります。この症状は、「第2白内障」または「後嚢混濁」と呼ばれています。その場合、YAGレーザーを使用して不透明な後嚢混濁内で切開 (囊切開)するという治療が行われます。これにより、術後数日で視力が回復します。