残りの人生の間ずっと、眼鏡をかけたり、コンタクトレンズを着けようと思っていますか?よく考えてみてください!

白内障の手術をして眼内レンズを入れることが、今後、数十年間続くであろう視力の問題に合った効果的な対処方法なのです。手術により眼内に移植される眼内レンズにより、眼鏡をかけたり、コンタクトレンズを着けるのと同様に視力を矯正することができます。

現在使用されている、眼内レンズには次のような最新技術が取り入れられています。

  • 微少切開および縫合なしの手術を可能にする柔軟な素材 (シリコンまたはアクリル)
  • 有害な太陽光線をブロックするUVカットレンズ
  • 手術後の術後症状である、厄介な反射を軽減し、後嚢混濁の症状を和らげる、デザインが改善されたレンズリム

眼内レンズは、老眼、近視、遠視、乱視、白内障などの矯正に使用されます。
視力を総合的に検査した後に、眼科医が手術の妥当性および成功の可能性を検討します。手術方法および眼内レンズのタイプは、以下の要因を考慮して選択されます:

  • 本人および家族の身体および眼の病歴
  • 必要性およびライフスタイル
  • 個人の希望

眼内レンズには以下の数タイプがあります:

単焦点:遠くが見えるよう矯正

2焦点:近くおよび遠くが見えるよう矯正

3焦点:近く、遠く、中間距離が見えるよう矯正

 

現在、この3タイプの眼内レンズにより、多くの人々が視力の矯正の恩恵を受けています。眼鏡をかけているときより、もっとはっきりした視界を手に入れている人もいます。