乱視とは?

乱視は、角膜がきれいな球形ではなくゆがんでいる場合に、しばしば発症する症状です。乱視がない場合、角膜はきれいな球状で、全ての軸に沿って均等になっています。角膜曲率が不均等である場合、光が適切な状態で網膜に届かないため、見る物の距離にかかわらず、ぼやけたり、二重に見えることがあります。

乱視では、近くでも遠くでも見えにくくなります。はっきりと物が見えなくなり、横方向、斜めラインまたは球形の形 (a、o、u、d、bの文字)の間のコントラストなど、物の形や詳細を正確に認識することが難しくなります。

乱視は病状として分類されますが、通常は近視や遠視と併発しています。

乱視の治療方法は?

乱視は、眼鏡をかけたり、コンタクトレンズを着けることで矯正できます。しかし、成人で症状が変わらず、それ以上進行しない場合、眼科医からレーザー手術か水晶体レンズを勧められます。

白内障または老眼が併発している乱視の場合、3焦点眼内レンズで矯正できます。 詳細を見る